知らずに損をしない葬儀屋選び

葬儀社の比較サイト-お葬式の教科書

おくりびとのお葬式の記事タイトル

https://smart-funeral.com

「おくりびとのお葬式」はおすすめできる?他社との徹底比較!どういうタイプのお葬式に特化した会社なの?

投稿日:2019年4月7日 更新日:

大切な方、近しい方の旅立ちに際し、予算に応じて心残りのない葬儀にしたい。

 

故人のためも恥ずかしくないお別れをと考え、「おくりびとのお葬式」での葬儀を候補としている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論として、おくりびとのお葬式は「故人の状態のケアを重視し、独自の形式にこだわった葬儀を希望される方にはおすすめ」です。

 

とはいえ、必ず他社とも比較をおこなってください。

 

なぜなら、葬儀社に足元を見られ、知らずに数十万円も損している可能性があるからです。

 

厳粛でおごそかに執り行うお葬式であっても商売であることは忘れてはいけません。

 

 

では、事実をもとに詳しく解説していきます。

おくりびとのお葬式の記事タイトル

「おくりびとのお葬式」とは

葬儀社の概要

「おくりびとのお葬式」は2015年に創業した葬儀会社です。

 

会社代表の地元である北海道を皮切りに愛知、静岡、東京に自社斎場が9ヶ所あり、その他にもいくつかの提携斎場があります。

 

特筆すべき点は‟認定納棺師“と言われる民間資格を有するスタッフが葬儀を取り仕切り、ご遺体のケアを重要視した故人中心の、故人のための、葬儀を執り行うというもの。

 

お別れは綺麗な顔で

昨今では、病院での亡くなられる方が半数を超えます。

 

よって看護師がエンバーミング、いわゆる死後のケアまでもしてくれるというケースが多くなってきていますが、あくまでも医療行為としての最低限の対応が基本です。

 

しかし、永い闘病の末に亡くなった近しい人の面影を「元気だったころのような綺麗なものにしてあげたい」、「最期のお別れをしに参列される知人に、綺麗なお顔を見せてあげたい」という方もいるでしょう。

 

「おくりびとのお葬式」は、しっかりとした知識を持った納棺師が、故人のケアから葬儀の相談まで全てを担う葬儀社として、葬儀や告別式を行うだけの他社とは違い、メディアでも話題になっています。

 

葬儀のひと
比較的新しい会社ですが、ネット上の口コミにも、満足した、勧められた追加プランを断ったが、嫌な顔一つせず真摯に対応してくれた、など評判は悪くありません。

 

おくりびとのお葬式の特徴

 

おくりびとのお葬式の特徴

  • 代表の父は映画「おくりびと」の技術指導者
  • シンプルな直葬でも、ご遺体のケアを最優先に
  • 形式にこだわらず、自由な形の送り方を選べる

 

代表の父は映画「おくりびと」の技術指導者

「おくりびとのお葬式」を営む会社代表は、お父さんが納棺師の仕事をされており、まさに納棺師という仕事が世に知れることとなった映画の、主演俳優の技術指導をされていた方です。

 

身近でご遺体の体を清め、お着せ替えをすると同時に、フューネラルメイク(死化粧)を施し納棺するという所作を学び、2013年に日本初の納棺師養成学校を設立し、その後におくりびとのお葬式のサービスを開始しました。

 

シンプルな直葬でも、ご遺体のケアを最優先に

お迎えから火葬まで、ご遺体の初期処置、カルテ作成、納棺の儀、化粧直し、の4つの基本サービスを含み、最低限の価格・内容でもしっかりとケアを怠らない、おくりびとのお葬式の基本プランです。

 

通夜や告別式といった葬送儀礼おこなわない、いわゆる直葬や火葬式のようなシンプルなものでも一般的な形式とは異なり、納棺士が常駐し、きめ細やかなサービスを提供することで、ご遺体の特有の症状への処置を最優先にしてくれます。

 

形式にこだわらず、自由な形の送り方を選べる

例えば、参列される方へのおもてなしとして、食事はビュッフェスタイルで用意したい、故人はおしゃれが好きだったから、ネイルアートを施して、ヘアメイクにもこだわりたい…など、オーダーメイドに対応した葬儀を行う事も可能です。

 

しかし、料金は全て別途加算となりますので、事前にきちんと見積りをしなければ高額になってしまうこともあるかも知れません。

 

おくりびとのお葬式の料金

お葬式の費用

おくりびとのお葬式の料金は適正なのでしょうか。同等のプランで、大手葬儀社ティアと比較します。

 

おくりびとのお葬式 511,800円~555,800円

葬儀会館ティア 625,644円~669,492円

≪条件 一般葬、参列者目安:~100名程度(お通夜・告別式から火葬まで)≫

 

例として「葬儀会館ティア」の一般葬で単純に価格のみで比較して見ると、おくりびとのお葬式は格安に見えます。

 

とはいえ、サービス内容には差があります。

 

葬儀のひと
参考までに一覧表をご確認ください。

 

おくりびとのお葬式との葬儀プラン比較

お葬式のプラン内容詳細

輸送・安置〜依頼まで

含まれるサービス内容 おくりびとのお葬式 葬儀会館ティア
寝台車※1 最長50kmまで 最長50kmまで
安置場所 4日まで 4日まで
枕飾り プランに含む 白木枕飾り一式
線香・ローソクなど 葬儀に必要なものすべてプランに含む 必要なモノ全て用意してくれる
ドライアイス※3 4日まで 4日まで
防水シーツ 含む なし

※1 「寝台車」の距離は次の区間から算出【車庫(車両の出発地)→ご遺体のある施設(病院など)→安置場所】

 

通夜・告別式

サービス内容 おくりびとのお葬式 葬儀会館ティア
遺影写真 プランに含まれる  カラー(四つ切・
キャビネサイズ)計2枚※2
位牌・野位牌 プランに含まれる 白木位牌
お別れの花・枕花 生花祭壇には花を利用 プラン内に含む
式場使用料 25,000円まで 50,000円まで
祭壇用供物 含む 含む
運営スタッフ 担当1名/スタッフ4名 担当1名/スタッフ4名

 

通夜・告別式➁

含まれるサービス内容 おくりびとのお葬式 葬儀会館ティア
お別れの儀式 プランに含まれる プランに含まれる
会葬礼状 参列者人数分(一般葬100枚まで) 参列者人数分(一般葬100枚まで)
焼香設備 プランに含む プランに含む
司会進行 2日間 2日間
受付事務用品 参列者人数分(一般葬100枚まで) 参列者人数分(一般葬100枚まで)
案内看板 なし なし

 

火葬・法要

含まれるサービス内容 おくりびとのお葬式 葬儀会館ティア
霊柩車(※1) 30kmまで 30kmまで
後飾り祭壇 地域のしきたりに合わせて用意 地域のしきたりに合わせて用意
火葬場利用料 10,000円まで 都内:82,220円
埼玉:10,000円まで
納骨器・骨壷 一般的な白色骨壷や骨箱 一般的な白色骨壷や骨箱

※1 「霊柩車」項目の距離は次の区間から算出【車庫(車両の出発地)→安置場所→火葬場】

 

おくりびとのお葬式とティアの違い

基本プランで詳細を比較すると、違いは以下。

 

・おくりびとのお葬式は防水シーツ、祭壇用供物が基本プランに含まれますが、葬儀会館ティアには含まれません。

 

・おくりびとのお葬式は遺影写真、焼香設備、後飾り祭壇などほとんどの項目がプラン内サービスとして提供されますが、葬儀会館ティアではどの程度のものを用意されるのか、明確にされていません。

 

実際の見積りや資料請求の段階で詳細を確認しなければ、不足感があって追加しなければならない自体になるかも知れません。

 

葬儀のひと
複数社で見積もらなければ損します。なぜか詳しく解説します。

 

教えてくれない葬儀社を比較するワケ

葬儀社を選ぶ注意点

毎年、消費者庁が管轄する国民生活センターに葬儀費用に関する相談が寄せられていることをご存知ですか?

 

【国民生活センターへの葬儀に関する相談事例(2015年)】

・父が急死し、慌てて選んだ葬儀社から希望とは異なる契約を強く勧められた。

・葬儀の見積書がもらえず、請求も高額だと思う。

・追加サービスを了承したら請求額が高額である。

引用:独立行政法人国民生活センターより

 

以上はほんの一例です。

 

葬儀社に20年勤めたプロとしてもはっきりお伝えしますが、1社だけで葬儀社を決めるようなことはしてはなりません。

 

お悔やみのときといえど、しっかり葬儀社を比較しなければ足元をとられます。

 

だからこそ、国は未然に葬儀費用に関するトラブルを防止するために上記のように呼びかけ続けています。

 

葬儀屋によって数万円~数十万円もの料金が違うのはザラです。

 

相応しい葬儀社選びをかんたんにしっかり比べるなら無料で利用できる葬儀社比較サービスが優秀です。

葬儀一括見積もり図

つまり、葬儀屋選びに探し回らなくても、相応しい葬儀屋をかんたんに複数見つけて、比べることができます。

 

葬儀に参列したことがあっても、葬儀を執り行うのははじめてでわからなくて当然です。

 

とはいえ、なんでも葬儀屋任せは損をしてしまいます。

 

自分でしっかり比べて確かめることが、「葬儀屋選びの鍵」です。

葬儀社の比較図

葬儀屋選びに限った話ではありませんが、そもそも葬儀屋同士を比べなければ妥当な判断はできません。

 

つまり、しっかり比べて判断しないと、知らずに損をしてしまうということですね。。
葬儀のひと
その通りです。必要以上にお金をかける必要はありません。

 

 

おくりびとのお葬式の悪いと良い

デメリットとメリット

デメリット

  • パック内の式場使用料が最大25,000円と他社よりも低いため、会場によっては追加料金が発生してしまう
  • ホームページ上ではオプション内容詳細、価格がわからない(追加料金を確認する必要がある)

メリット

  • 知識豊富な専任技術者が故人のケアを最優先に行ってくれる。
  • 「おくりびと25」250,000円という破格の定額パック料金を提示し、必要最低限の内容であれば格安で葬儀が可能。

 

おくりびとのお葬式の総評

葬儀社についての総評

おくりびとのお葬式は、故人への特別なケアを中心に考え、比較的自由な方法で葬儀をおこないたいという方に向いています。

 

映画おくりびとの世界観をそのままに、お別れの儀式を行うことができるプランもあり、亡くなられたご家族としっかり向き合ってお別れしたい方には心癒される葬儀が出来ます。

 

形式にとらわれない葬儀を提供することをモットーにしており、宗教やスタイルにこだわらず、ゆっくりと小規模で見送りたいというご家族にもおすすめできます。

 

ただし、別途料金が発生することもあるので、お葬式費用を最低限に抑えたい方には注意が必要です。

 

なぜなら、厳粛でおごそかに執り行うお葬式であっても商売であることは忘れてはいけません。

 

足下をとられるまえに、対応できるいくつかの葬儀社でしっかり比べて検討することが最良です。

 

 

葬儀のひと
残されたご家族の想いに寄り添って、故人の特別なはなむけとなるような良い葬儀社選びの一助になれば幸いです。

 

Copyright© 葬儀社の比較サイト-お葬式の教科書 , 2021 All Rights Reserved.